HOME > FXについて > FXと要人発言の影響

FXと要人発言の影響

FX投資家が「相場に影響があること」として重要視しているのが「要人発言」です。FXでは将来、為替レートが上がるか下がるかを予測しながら取引していきますから、多くの投資家は、要人発言に注目しています。 たとえば「将来は金利を引き上げます」などの内容が発表されると、通貨は上がります。逆なら下がります。要人発言は「いつ、どこで」なされるかわかりませんので、経済指標の発表のように「タイミングを待つ」ということができません。稀に、予定されている講演・遊説などがある場合には、経済指標カレンダーに書かれていることもあります。特に米ドル関係の発言は、ドルストレートだけではなく、どの通貨ペアにも影響を及ぼす場合があります。最もFXの場面に影響するのは、アメリカの中央銀行、FRB議長の発言です。アメリカの中央銀行は世界の金融市場に最も強い影響力を持っています。日本の要人発言としては、官房長官や財務大臣、財務省の高官、日銀総裁や日銀の高官の発言などが、市場の値動きに影響を与えます。発言内容に「サプライズ」の要素が強ければ強いほど、相場は乱高下します。こうなると、普段使っている投資判断が、役立たなくなったりする場合もありますので、注意をしてください。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る