HOME > FXについて > FXの相場の予想

相場の予想をするためにチャートや経済情報を使う

FXは「なんだか難しそう」という印象を持つ人が多いです。たとえば「チャートを使ったテクニカル分析」「経済指標やニュースの情報を生かしたファンダメンタル分析」といった難しそうな言葉が、FXの解説書に並んでいることも、原因の一つでしょう。ただこれらのベースにあるのは「全ては、相場が上がるか、下がるかを判断するための道具である」ということです。「相場が上がるか、下がるか知りたい」ために、様々な道具を活用しているのです。すごく極端なことを言えば「自分が『相場が上がりそうだ』と思った」という「勘」「霊能力」「占い」のようなもので、相場の上がり下がりが、完璧に予想できるという人がいるなら、テクニカル分析やファンダメンタル分析、チャートや経済ニュースなどがなくてもいいのです。しかしながら、多くの人はそのような完璧な「勘」をもってはいません。勘に頼っての投資というのは「博打」「一か八かの賭け」になってしまいます。FX投資家は「より確実な予想をするため」にチャートに現れる情報を読み解き、経済指標・ニュースなどを分析しているのです。考えるべきことは常に「相場は上がりそうか? 下がりそうか?」であり、その判断材料として、チャートや経済情報を使うのです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る