HOME > FXについて > スイングトレードとは

スイングトレードとは

FXで「スイングトレード」と呼ばれるのは、数日〜数週間で売買を終わらせるトレードです。ポジションを保有する期間は3日〜1ヶ月くらいです。「スイングトレード」は、「デイトレードまではできないけれど、利益を積極的に出したい」という人向けのトレード手法です。デイトレードでは、数十銭の利益をコツコツ出していきますが、「スイングトレード」では、数円の利益を目指していきます。本業が別にあって、レートの動きをずっと追ってはいられない、という場合には、「スイングトレード」が便利です。注意すべき点は、スワップについてです。ほとんどの通貨ペアでは「買い」ポジションのときにスワップを受け取り、「売り」ポジションのときにはスワップを支払います。このため、「売り」ポジションの場合には、保有期間を短くして、損切りをきちんと入れることが、「スイングトレード」で利益を出していくための、大事なポイントとなります。逆に「買い」ポジションのときには、スワップを受け取ることができます。「スイングトレード」では「買い」と「売り」で少し戦略を変える必要が出てくるのですね。このような考え方は、ポジショントレードという手法でも同じような戦略が必要になります。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る