HOME > FXについて > FXと「スプレッド」

スプレッドとは、売値と買値の差

スプレッドとは、売値と買値の差のことです。スプレッドの表示は「1ドル100円10銭〜15銭」などの形でされます。このとのきは「売値が100円10銭で、買値が100円15銭」という意味です。このとき「スプレッドは5銭」ということになります。 なぜ買値と売値に差があるのでしょうか? それは、外貨を買ったり売ったりする際の「手数料」が取られているからです。スプレッドは、通貨ペアによっても異なります。一般的に「メジャーな通貨ペアほどスプレッドは小さい」「マイナーな通貨ペアほどスプレッドは大きい」と言えます。また、為替変動が大きく、リスクの高い通貨ペアはスプレッドが大きいという特徴があります。FX会社は、スプレッドに加えて売買手数料を取る場合もあります。実際のFX取引を行う場合、売買手数料とスプレッドの両方を考慮して「トータルでどれだけのコストがかかるのか?」を考える必要があります。それでも、FXの手数料は、銀行で両替したときや外貨預金などと比べると、格段に安いです。これは、FXが「巨額の通貨を実際に動かして売買」しているのではなく、為替レートの値動きで発生する損益の差額のみをやりとりしているためです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る