HOME > FXについて > FXで損失を出した時

FXで損失を出した時

FXで成功している人でも、そのほとんどがFXで損失を出した経験があります。ただ、長い目で見ると利益を上げていく人と、損失を拡大してしまって、FXを続けられないほどの状態に陥る人に、わかれます。なぜでしょうか? 分かれ目はどこにあるのでしょうか? 一つの分かれ目としては、損失を出したときのトレードの仕方にあります。成功していく投資家は、損失を出した後には「できるだけFXから遠ざかり、休憩を取る」ことをします。少しでも通貨量を少なくし、次に損失を被っても多額にならないように、工夫します。こうすることで、資金面、精神面を楽にするのです。また、これまで利益をあげてきた投資ルールが、利益を出せないルールへ変わってしまったのはなぜか? を冷静に分析します。投資ルールは、永久不変のものではなく、時々は見なおすということが、必要です。FX取引に関して、自分で感じたことをノートに書きだして、反省をするということが大事です。こうして、自分のルールを、新たな利益が出せるルールに変えていくことができるのです。FX取引には、損失はつきものと割り切り、冷静に反省をして、次につなげましょう。損失を「投資資金の10パーセント以内に抑える」ことを徹底していれば、FXを続けられなくなるほどの大損失を、一気に被ることはありませんので、FXは1年くらいは続ける覚悟で臨みましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る