HOME > FXについて > FXの「証拠金」とは

少額過ぎる証拠金でFXを始めるのはやめましょう

FX(Foreign Exchange)は日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれます。「証拠金取引」とは、FX業者に証拠金を預け入れ、それを元手に取引をするということを現しています。証拠金を預け入れ、それにレバレッジをかけて運用することで、証拠金の何倍もの金額の取引が簡単にできるようになります。なぜ、このような仕組みがあるかというと「為替レートの変動は、1日に何十円も動くものではない」ということが、理由の一つです。「1円、2円」の変化があるだけでも大きいほうで、ほとんどの日々は数十銭といった単位で売買されています。投資家の目をFXに向けてもらうには、少しの為替レートの変動でも、大きな利益を得られる仕組みがなければ、到底無理なのです。FX口座を開き、FX取引を開始するための最低金額としては、最低1万円くらいを想定しているFX会社が多いです。ただし、最低取引通貨単位が1万通貨となっている場合が多いので、たとえば「1万円預け入れて、1万ドルを取引しよう」と考えるならば、およそ100倍のレバレッジをかけなければならない、という状況になります。高すぎるレバレッジをかけて、損失が出た場合には、本当に大変なことになりますので、少額過ぎる証拠金でFXを始めるのはやめましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る