HOME > FXについて > FXで損失を抑える仕組み

FXで損失を抑える仕組み

FX会社は、マージンコールやロスカットという仕組みを用意して、利用者の損失が拡大しすぎないようにしています。利用者の側もマージンコールやロスカットを受けないような、安全圏での取引をすることを、心がける必要があります。マージンコールとは、追加保証金のことです。FXの口座に預けている証拠金から、含み損を引いた金額が、一定の割合以下となった場合、FX会社から「もう少し証拠金を追加したり、ポジションの一部を決済したりして、損失に耐えられるようにしてください」との注意喚起があります。「一定割合」は、FX 業者によって異なりますが、証拠金の50%というところが多いです。また、FX会社によるロスカットとは、利用者の証拠金維持率がある数値より下回った場合に、FX会社によって強制的に保有ポジションの決済が行われるという措置のことです。ロスカットを受けた経歴があると、そのFX会社を続けて利用することが難しくなったり、他のFX会社にも警戒されるという話もあります。ロスカットされてしまう人の多くは、高いレバレッジを掛け過ぎている傾向があります。およそ5倍くらいまでのレバレッジならば、ロスカットに遭う確率も低いといわれていますので、レバレッジの設定には注意をしましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る