HOME > FXについて > FXと政策金利

FXと政策金利

各国の政策金利には、二つ種類があります。長期の金利と短期の金利です。長期の金利は、10年もの国債の値段によって決められます。FXのスワップに関係してくるのが短期の金利です。短期の金利は、市場が決めるのではなく、各国の中央銀行が決めるので 「政策金利」とも呼ばれています。 政策金利は、その国の経済状況に応じて変動していきます。景気がよくなって物価が上昇していくとインフレ状態になり、そのまま経済活動が過熱すると「バブル景気」の状態になります。このことを防ぐため、各国の中央銀行は景気抑制策として政策金利を引き上げ、景気を抑制します。逆に、景気が下落しすぎる傾向が見られたら、中央銀行は政策金利を引き下げます。FXで取引される通貨は、政策金利の高い通貨ほど、人気が高く、通貨価値は上昇するという傾向があります。逆に、金利の低い通貨の価値は下降していきます。スワップを受け取る目的でFXに取り組んでいる人は、政策金利をチェックして、スワップがどのくらいもらえるか、場合によってはマイナスにならないかを、チェックする必要があります。ただし「政策金利が高い通貨」というのは、「金利を高くしないと、買い手がつかない通貨」という場合もありますので、安易に手を出すのではなく、その国の国情・経済状態などを分析して、投資するかどうか決めましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る