HOME > FXについて > FXと季節の関係

FXと季節の関係

FXは、24時間、365日、同じ調子で取引が行われているわけでは、ありません。1日のうちでも「活発な取引が行われる時間」「取引の少ない時間」は存在します。また、1年を通してみれば、市場は様々な行事の影響を受けています。日本の決算期、ボーナス、お盆、クリスマス・・・、これらの時期には、活発に取引が行われたり、逆に取引の量が減ったりします。日本だけではなく、各国には「休日」があり、その日は市場が休みですので、その国の人々は、FX取引に消極的です。休暇・祝日と一口に言っても、世界各国で受け取る意味合いが異なります。たとえば、日本の盆休みは、欧米でも夏季休暇を取る人が多く、市場は「夏枯れ市場」と言われます。しかし、感謝祭(11 月後半)やクリスマス(12月)は、アメリカにとっては、重要な休日になりますが、そうでない国もあります。こうした「季節的なリスク」についても、知っておくことが、賢い投資につながります。また、時差の関係などで、日本人にとっては週末であったけれども、世界的に見れば市場は動いているということもあります。このような場合には「寝ている間に相場が暴落した」「日本の金融機関が休みなので、証拠金を追加することもできず、なす術もなかった」という日本の投資かもいますので、意識をしておくことが大事です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る