HOME > FXについて > FXで「両建て」は有効?

FXで「両建て」は有効?

FXで「両建て」とは、同じ通貨ペアの「買い」と「売り」の両方のポジションをとる、という方法です。同じ量の売り、と買いの両方のポジションがあれば、片方の利益が片方の損失を相殺してしまうことになります。しかし「両建て」は、利益と損失を相殺することなく、「買い」と「売り」のポジションをそのまま持っておくことが出来る方法です。「両建て」ができるかどうかは、FX会社によっても異なりますので、申込をする際に確認をしておきましょう。「両建て」には、投資家の間でも、賛否両論があります。長時間、FXの取引画面に向かい合っていられない人は、リスク回避の方法をなるべく使いたいですから、両建てを取り入れるのも一案です。ただし、両建てを考えるということは「自分の投資手法に自信がない」「自分の投資のスタート時点が間違っているかもしれない、と思いながら投資を続ける」ということでもあります。その事実を受け入れながら、投資を続けていくのか? 自信を持って「ここからスタート!!」と勢い良く飛び出せるほうがいいのか? それは投資家の性格・好みなどによっても違いますので、よく考えましょう。先輩投資家の意見を参考にすることも大事ですが、両建てについても「理解できないうちはしない」という姿勢が大事です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る