HOME > FXについて > FXの「成行注文」とは

現在表示されているレートで売買する成行注文

FX取引の成行注文は、マーケットオーダーともいいます。成行注文とは、現在表示されているレートで売買する場合に使う方法です。FXの投資画面に向き合っていると「すぐに注文を出したい!!」という場合が起こります。そのときには成行注文を使います。ちなみに、表示されているレートは『〇円〇銭〜〇円〇銭』という形になっています。これは、売値(Bid)と買値(Ask)の二つのレートが表示されているのです。この表示を見ていると「数秒で変わる」ということが実感できるようになります。成行注文のデメリットはここにあります。自分が買おうと思っていた買値で注文しようとしても、注文を決定するまでの数秒に、レートが変わるおそれがあるのです。ただ、レートが変わるといっても、数銭程度ですので、数銭〜数十銭単位の利益を狙っていくスキャルピングのようなトレード法を選んでいない人は、さほど神経質になる必要はありません。成行注文は、レートが変動に対応しきれないこともある、というデメリットがありますが、急いで注文をしたい、すぐに注文を出してしまいたい、という場合に便利なのは事実です。逆に、そこまで急いでいない、という場合には、指値注文のほうが便利です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る