HOME > FXについて > FXで「負けず嫌い」はご法度

FXで「負けず嫌い」はご法度

FXは、1度の取引を見れば「勝った」「負けた」のどちらかしかありません。FX投資家の中には「勝率」にこだわりを持つ人がいます。これには、一理あるのです。勝率が10割であって、常に勝ち続けていれば、儲けは確実に上がっていくはずだからです。利益の「額」としては小さくても、損はしていないことは、確かなのですから。ただし、勝率にこだわりすぎると、損切りのタイミングを見失うことにつながります。「勝つ」という結果を得られるまで、ポジションを持ち続けることにこだわると、損失を拡大することが恐ろしいのです。たとえば、勝率80%と勝率60%を比べて、一見「儲かっている」ように見えるのは、勝率80%のほうです。しかし、「勝ち1回あたり」の額が少ないと、何回も勝っていたとしても、「1回の損失」で資金を失ってしまう、という可能性もあります。逆に言えば、1勝9 敗の勝率10%でも、利益を出すことができるのです。ただし、あまりにも負け続け、勝率が悪すぎるような投資ルールは、見直す必要があります。「一回勝てば、大きな利益をえられるんだから」と、負け続けているルールを使い続けないようにしましょう。勝率にこだわりすぎるのもいけませんが、利益の出方を見ながらルールを変更することも大事です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る