HOME > FXについて > ロング・ショートとは

ロング・ショートとは

FXで「買い」をロングと呼んだり、「売り」をショートといったりする場合があります。実はこれは「株式投資」の場面からきている用語です。株取引の場合には、「空売り」した場合には半年以内に買い戻さなくてはいけない、という決まりがあります。逆に、買ったものを長い間、保有するのはごく普通のことです。売りの状態を長く続けることができないため「ショート」と呼ばれ、買いの状態は長期間続けることができるため「ロング」と呼ばれます。FXの場合は、売り・買いポジションの保有できる期間に違いはありません。FXには「なんだか難しそう」というイメージがあるのは、このようなカタカナ用語や、独特の言い回しが出てくることも、理由の一つです。他にも「ナンピン」「塩漬け」などの言葉にも、戸惑う人がいるようです。このような用語は「無理におぼえなくても良い」ですが、余裕ができたら理解ができるようにと、一つ一つ憶えていくと良いでしょう。FXの解説書などを読んでも、意味がわからなければ、FXそのものが面白くなくなっていくからです。カタカナ用語・専門用語が次々と出てきて戸惑うかもしれませんが、「初めのうちは時間がかかっても良いから、じっくりおぼえよう」という心構えで、焦らずに取り組んでください。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る