HOME > FXについて > レバレッジとは

レバレッジとは?

FXは「少額の投資資金でスタートできる」「レバレッジをきかせれば、大きな金額の取引ができる」という仕組みがあります。しかし「仕組みがある」ことと「それを使わなければいけない」ということは、必ずしも一致しません。特に、初心者の間は「資金力がない分、損失への備えもできない」という点に注意が必要です。レバレッジを高くすると、損失を出した場合には、それを補填する力がなければ、FXを続けられなくなってしまいます。レバレッジは1 倍にすることが、一番リスクを抑えることができます。それですと、FX取引の醍醐味を味わえない、というのも事実です。リスクに耐えられるようにするには、およそ3 倍程度のレバレッジまでにしておくとよい、とされています。証拠金が50 万円あれば、「ドル/円」「円/ドル」のペアで、1 万通貨の取引が出来ます。レバレッジを3倍にしておくと、相場変動20%ぐらいまでは耐えられ、マージンコール、ロスカットの心配がなくて、安心です。もっと為替の変動が激しい通貨の場合には、20%以上になる場合には、レバレッジを2 倍にするくらいが、ちょうど良いでしょう。レバレッジ規制が行われるようになり、400倍などのレバレッジを使える業者はなくなっていくでしょうけれど、初心者の間は5倍を超えるレバレッジには、手を出さないようにしましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る