HOME > FXについて > FXの「口座情報」とは

口座情報の読み取り方に早く慣れる

FX会社が用意している取引画面を開くと「口座情報」が表示されています。表示方法は会社によって違いますが、内容はほとんど同じで、特に「適切な量のポジションを持っているかどうか?」を知る上で、重要な要素が含まれています。「口座資産」の欄には『口座に預け入れた金額から損益を差し引いた金額』が書かれています。「評価損益」の欄には、現在保有しているポジションがある場合に、そのポジションの評価損益金額が記載されています。そして「預り評価残高=口座資産−評価損益」が表示されています。他にも重要な情報があります。「マージンコール値」は、マージンコールになる金額のことです。また「ロスカット値」はロスカットになる金額のことです。これら2つの値を抑えておくことは、常に心がけましょう。マージンコールをされた段階では、追加保証金をFX口座に入金するということは、可能です。しかし、レバレッジを高く設定していた場合には、一晩で証拠金が吹っ飛ぶということも有り得るため、追加保証金の入金が間に合わない、という事態もあるのです。マージンコールされてから焦るのではなく、自分から確認するという癖をつけましょう。口座情報の読み取り方に早く慣れることが大事です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る