HOME > FXについて > FXと経済指標の関係

FXと経済指標の関係

世界各国は、様々な経済指標を発表しています。発表された経済指標の数値によって、投資家は各国の景気の良し悪しを判断することができます。FX投資家の多くが、主要国の経済指標の発表に注目をしています。ただし、「数値そのものが良かった(悪かった)」ということそのものではなく、「予想に対して大きく外れて 数値が良かった(悪かった)」ということに、為替相場は反応をみせます。予想から外れていればいるほど、為替の変動は大きくなります。経済指標は毎回予想値が発表されますので、予想値と実際の結果を見比べて判断していくことが大事なのです。また、為替相場に影響を及ぼす経済指標と、あまり影響のない指標などもあります。その影響の度合いや、発表されるタイミングなどについて、よく知っておきましょう。経済指標発表後の数分間は取引自体が普段とは違う状態になりやすくなります。スプレッドが普段よりも大きくなる場合があるのです。レートの変動が大きくなりやすい時というのは、スプレッドも普段の倍以上になることもあります。経済指標発表時にはレートが不安定になり、普段使っている投資手法がこのときには使えないことも多いので、FX取引は慎重に行いましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る