HOME > FXについて > 適切な取引回数とは

適切な取引回数とは

FXは「投資回数が多い人ほど勝てる」とは限りません。FX取引の世界で「ポジションをいつも持っていないと不安」という人もいます。しかし「取引をしている」という事実に安心してしまい「利益を出しては損失も出す」「失敗を分析しないまま、次の投資に突っ走る」というケースも多いです。専業のFXトレーダーも「ずっと投資画面と向き合っていなければならない」という考えの人は、もはやあまりいません。取引回数の多い人よりも、そうでない人のほうが効率よく儲けています。たとえ「年に数回しか取引をしない」という方法であっても、チャンスのときを狙って投資をし、効率よく利益を上げることもできるのです。本業が別にあって、FXに長時間を割くことができない、という人も利益を上げることができるのです。FXで稼ぐチャンスをつかむために、様々な手法が考えられています。トータルで利益を上げている投資家は「研究する」ということに熱心です。自分の失敗に関しても「後悔」だけではなく、きちんとした「反省」を行います。そうやって冷静になってから、次の投資に向かうので、次に同じ失敗をすることはないですし、勝つチャンスを見つけることにも優れているのです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る