HOME > FXについて > FXと株式取引の違い

FXと株式取引はどう違うの?

FXが日本に導入された頃は「FXは投資初心者向けではない」と言われてきました。既に株式などの投資経験のある人が参入するケースが多く、素人がいきなり飛び込んでも、ベテラン投資家に太刀打ちできないというのも、理由の一つでした。しかし、株などの投資経験がある人には、FXのメリットが大きいものと感じられ株取引からFX 取引へ変わるという人もいました。FXにあって、株にないメリットとしては「24時間、いつでも取引できる」「少額の資金で取引できる」などの理由を挙げる人が多かったです。株取引の場合、株の売買に大きな資金が必要となります。また、株取引を始めるにあたり、資金として300 万円程度、用意しなければならないのです。これに対して、FX取引は1万円からはじめられるという点が、大きな魅力です。専業トレーダーにとっては、24時間取引が出来るFXは、株よりも儲かるチャンスが多くなる、といえます。そのため、専業のトレーダーには、FXが人気となっています。ただし、株取引にもメリットはあります。FXに比べて、値動きの予想がしやすいことも多く、株にはレバレッジなどの仕組みがないため、損失を出しても巨額にのぼることが少ない、といった点は株式投資のメリットです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る