HOME > FXについて > FXと日本の経済指標の関係

FXと日本の経済指標の関係

FXの相場は、日本の発表する経済指標の如何によっても変動します。最も重要視すべきは、日銀短観です。日銀短観は、正式には「全国企業短期経済観測調査」といいます。日本銀行が、全国の企業に景気の現状や先行きについて直接アンケートをとったものです。この調査は、アンケート結果を金融政策の参考にするために行われています。調査は毎年、3,6,9,12月に行われ、翌月の4,7,10月の初旬と12月の中旬に発表されます。 日銀短観は調査した翌月には発表が行われるために「今の景気」の状態を、反映しているものとして、信頼性が高いといわれています。FX投資家としての判断だけではなく、経営者、サラリーマン、銀行員など、様々な立場の人が注目している指標と言えます。私たちは日本に住んでいますので、どうしても「円」を中心に、世界各国の通貨の値動きを考えようとしてしまいます。ただ、どうしても「値動きの予想がしづらい」という場合には、相場の値動きを「ドル」を中心に見る、ということも、一つの案です。何事か起こったときに「ドルが売られるか?」「ドルが買われるか?」の二択で判断すると、わかりやすくなります。一方で、日本円と外貨のペアを扱っている以上は、日本の経済指標の発表についても、注目をしておく必要はあるのです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る