HOME > FXについて > 為替レートが変動する理由

為替レートが変動する理由

FXで利益を出すためには「為替レートの変動」がどのようになるか予想することが大事です。そもそも為替レートは、なぜ変動するのでしょうか? 為替相場は「変動相場制」を取っています。変動相場制とは「外貨の需要と供給の関係に任せて、為替レートを自由に決める制度」です。このことは一般的な商売と同じように「売りたい人」と「買いたい人」のバランス、需要と供給の関係によって、為替レートが変動するということを、示しています。「売りたい人が多ければ、値段(為替レート)は下がる」「売りたい人が少なければ、値段(為替レート)は上がる」「買いたい人が多ければ、値段(為替レート)は上がる」「買いたい人が少なければ、値段(為替レート)は下がる」などの傾向があります。ただし「店舗を構えて、対面で商品を売る」という商売とは違い、FXは、世界中の様々な市場で取引が行われているので「買いたい、という人がどのくらいいるのか?」がわかりづらいのは事実です。また「買いたい」「売りたい」という意思決定にも、様々な判断材料があり、投資家によって「どの要素を重視して意思決定をするのか」が違ってきます。そのため、為替レートの変動を予測するのが難しい面はあります。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る