HOME > FXについて > 逆指値注文とは

逆指値注文とは

FXで最も大事な注文方法は「逆指値注文」です。逆指値注文はリスク回避に活用できるからです。たとえば、1ドル=100 円で買いポジションを持っているとします。1ドル=110 円になったら利益確定しようとしています。この場合は指値注文を使って、110 円になったときに「売り」注文が通るようにしておきます。ただ、相場の値動きというのは予測ができませんので、下がる可能性も考えなければなりません。相場が90円、85円・・・と、下がっていってしまう可能性もあるのです。このような場合に備えて、逆指値注文を使い、自分が耐えられる損失額のレートで、いったん損切りをするのです。人間が手動で損切りをすることも可能ですが、その場合につい「もう少し待てば、相場が回復するかもしれない」と期待を抱いてしまうことも、あります。逆指値注文を入れておけば、逆指値注文をあらかじめ出しておくことで「相場が暴落しても、自分が耐えられるレートの範囲内で、損切りがほとんど強制的にできる」という安心が得られます。サラリーマンや主婦としての本業に取り組んでいたり、寝ていたりして、FXの投資画面と向き合っていられない場合にも、逆指値注文を活用すれば安心です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る