HOME > FXについて > FXと外貨預金の違い

FXと外貨預金の違い

FXと外貨預金の違いはなんでしょう? まず外貨預金の特徴は「預金」であることです。FXと違って、外貨預金の場合には為替レートが0円にならないかぎり、資金を全て失うことはありません。為替レートが0円になる、というのは「その国が破綻する」ということになります。それは、とても考えにくいことでもあります。FXは、外貨預金の場合と違い「証拠金」を預けて、それを元手に取引をします。証拠金にレバレッジをかけることで、大きな資金を動かす取引ができます。利益が出た場合は大きい額になることもありますが、損失にも同じことが言えます。為替の変動の仕方によっては、証拠金が吹っ飛ぶだけではなく、FX会社に対して借金を背負うケースもあるのです。FXでレバレッジを1倍にした場合には、為替レートが変動しても「証拠金が足りなくなる」ことは、ありません。FXのスワップ(毎日もらえる利子)は、外貨預金の利子と比べるとはるかに得ですし、外貨預金よりFXのほうが手数料がはるかに安いということも言えます。こう考えると、FXのほうが得な取引方法だと言えますね。ただし、レバレッジが1倍のままですと「FXの醍醐味を十分味わえる」とはいえませんので、2,3倍程度のレバレッジをかけることで「外貨預金よりもはるかに得!!」を実感できることでしょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る