HOME > FXについて > FXとファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは、各国の金利、経済指標などの変化を分析して、今後の相場の値動きを予測するという方法です。FX投資家は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方を、バランスよく取り入れている人が、勝ち残っていきます。ファンダメンタル分析は相場の「大まかな方向」を予測すること、現在のトレンドがいつまで続くのかを見極めることには、適しています。ただ、一般の投資家が入手できるニュース・国際情報というのは、限られていますし、タイミングも遅くなりがちです。また、2つの通貨を「ペア」で取引をしている場合でも、通貨の交換レートというのは「二国間」だけの関係で決まるのではなく、様々なほかの国の影響も受けながら、相場の値動きが決まります。このため、ファンダメンタル分析だけでは「細かい値動きを完璧に予測できる」とまではいえません。また、テクニカル分析だけで全ての予測ができるわけではありません。テクニカル分析には「ダマシ」と呼ばれる現象があり、売りや買いのシグナルが出ても、予想と逆の方向へ相場が動くということはあるのです。このため、ファンダメンタル分析、テクニカル分析の双方のデメリットを知り、それを補う形で、2つの分析方法を活用していくことが大事です。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る