HOME > FXについて > 複数の通貨ペアに投資する意味

複数の通貨ペアに投資する意味

FXは、利益が出た場合には大きい金額を得ることもできますが、損失が出た場合にも、その分大きい金額になる可能性があります。また、投資資金の全額を同じ通貨ペアに注ぎ込んでいると、損失が出るときには一気に資金を失うというデメリットがあります。初めのうちは、ドルと円の組み合わせを取引することから始めればよいのですが、慣れてきたら他の通貨の取引をすることも考えましょう。「円とユーロ」もなじみが深いですし、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなども人気が高まっています。1つの通貨ペア(1ペア)だけで取引を行っていると、その国の経済情勢・政治不安などのリスクを、全て背負い込むことになります。最近では、サブプライムローン問題で米ドルが安くなった事件があり、多くの投資家が打撃を受けたものでした。そのため、円と外貨だけではなく、外貨と外貨の通貨ペアを併せ持つ、というような手段で、リスクをヘッジすることが必要です。FX取引に慣れてからでいいので、外貨と外貨のペアを取引することを、憶えましょう。通貨の取り扱い数や組み合わせは、FX 会社によって異なっていますので、取引したい通貨ペアを扱っているFX会社を選ぶこと、新しく利用申込をすることも考えていきましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る