HOME > FXについて > FXとヨーロッパの経済指標の関係

FXとヨーロッパの経済指標の関係

FXの世界で人気を集めつつあるのがユーロです。ヨーロッパ圏内を流通する「ユーロ」は、第二基軸通貨となりつつあります。FXでユーロの取引量は増加していますし、特に分散投資の観点から、ドルとユーロの二つでリスク分散する人もいます。ただ、ユーロの値動きはドルの値動きほど単純なものではありません。なぜならば、ヨーロッパで何らかの問題が生じたときに為替相場が動くだけではなく、アメリカに何かあった場合に、ユーロに資金を逃避する人がいますので、そのことによって 為替相場が変動している、という面があります。ユーロの値動きを予測したければ、ヨーロッパで起こった出来事・ユーロ圏内の経済指標だけをチェックしていても、為替相場との関連が読み取れないのです。また、ユーロを使っている国は数が多いため、様々な国の経済指標を全てチェックするのは不可能です。その中で、ドイツの経済指標にはチェックする価値がある、と言われています。米ソの冷戦時代に、日本の円と西ドイツのマルクが第二基軸通貨だった、という流れがありますので、ユーロはドイツマルクの代替のようなものと考える投資家も多いからです。IFO景況感指数、ZEW景況感指数などをチェックし、投資判断に役立てると良いでしょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る