HOME > FXについて > FXと円高・円安の関係

FXと円高・円安の関係

FXで得られる利益・損失は為替レートの変動による「為替差益・為替差損」と、2つの通貨の金利差による「スワップポイント」があります。円高・円安という言葉は、「為替差益・為替差損」に関係が深い言葉ですので、FX 取引を行うならば少なくとも「円高」「円安」については知っておきましょう。特に「円高」「円安」という言葉から受けるイメージと、金額のイメージが異なり、面食らうかもしれません。次の様に考えるとわかりやすいです。今日は1ドル=110 円だとします。翌日、1ドル=100円になったとします。昨日は1ドル買うのに110 円必要だったのに、次の日には、1ドルが100 円で買えるようになった。これは「ドルが安く買えるようになった、円の価値が高くなった」ということになります。「円高」とは円の価値が高こと、「円安」とは円の価値が安いことです。さて「1ドル=100 円で買ったあとに1 ドル=110 円で売った場合に利益が出る」ことは、誰でも簡単にわかります。逆に「1ドル=100 円から、1ドル=90 円になる」という場合「損をする」と思ってしまいます。ただ、FX取引では、この円高でもしっかりと利益を出すことが出来るのです。一度にその方法を理解しようとすると混乱しますので、まずは「円高」「円安」の意味を、しっかり押さえてください。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る