HOME > FXについて > FXとダウ理論

FXとダウ理論

テクニカル分析の場面で、FX投資家が活用している理論の一つに「ダウ理論」というものがあります。「ダウ理論」という名称は、経済学者チャールズ・H・ダウの名前に由来します。ダウ氏が「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙にて発表した論説が、今も活用されているのです。ダウ理論を正式に学ぼうとすれば、非常に時間がかかりますし、多くの経済学者が今も研究対象としている理論ですので、その全てを理解してからFXを始めるのは大変です。そこで、相場のトレンドを判断するために、すぐに役立つダウ理論のエッセンスだけをご紹介します。まず「相場というのは、一度上昇トレンドが始まったら、それを反転させる現象がおきないかぎり、相場は上昇を続ける」という理論があります。また「相場の最高値と最低値が連続して上昇するときは上昇トレンド傾向連続して下降するときには、下降トレンド傾向 が見られる」という理論があります。チャートを見慣れてくるにつれて、ダウ氏の理論が納得できるようになります。FX初心者の間は、ポイント・エッセンスだけを知っている、というだけで十分かもしれません。しかし、FX投資に慣れたら、是非ともダウ理論、エリオット波動などについても、学んでみてください。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る