HOME > FXについて > 「くりっく365」で預け入れた資金は?

「くりっく365」で預け入れた資金は?

FXに悪いイメージが、付きまとってしまう理由として「かつて経営破綻したFX会社が、投資家の資金を返還しなかったケースがあるから」という理由があります。そのため、多くのFX投資家が「自分の預けたお金が、きちんと戻ってくるか」を心配します。自分の大事な「お金」を預け入れるのですから、当然ですよね。くりっく365を利用した場合、FX会社はFX口座に顧客が払い込んだ証拠金を全て、すみやかに東京金融取引所に直接預託することになります。東京金融取引所は預かった証拠金を全額、銀行で「決済性預金」として、日本円・現金で保管することになります。このため、投資家の証拠金は原則的に「全額が保護される」ということになります。また、くりっく365を取り扱うことのできる業者は、「東京金融取引所の定める資格要件」をクリアし、くりっく365の取り扱いを許可された業者です。そのため、経営状態が安定していること・財務状態が良いことなど、一定の優れた条件を備えています。くりっく365取扱業者として登録されているかどうかは、くりっく365のホームページで閲覧できますので、ご自身の利用している会社についても、一度は確かめてみましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る