HOME > FXについて > FXと「先人の知恵」

「先人の知恵」を自分の投資に活かしていく

FXだけではなく、投資の世界では「先人の知恵」を自分の投資に活かしていく姿勢が大切です。たとえば「休みも相場」という言葉がよく使われます。これは、損失が続けて出たり、レートの動きが予測できなかったりする場合には、休みを取るということも投資への取組として大事なことだ、という意味です。決して逃げることではなく、無理に取引しないで、休養を取り、次の投資機会を待つということが大事なのです。判断力が鈍ったまま投資を続ければ、損失を出すことがありますが、取引しなければ、損失も利益もなく、資金を減らす心配はないのです。また「損小利大」という言葉は、FXをはじめとする投資活動で、とても大切です。投資家は「利益が出ている」ときほど、早く決済して利益を確定しようとする心理状態になります。逆に「損失を出している」と、お金を失いたくないために、なかなか損切りが出来ないで、ますます損失を拡大することになります。損小利大をするには、自分なりの「FX取引のルールを決める」こと、決めたルールに淡々と従ってトレードしていくこと。ここまで徹底的に割りきれば、損小利大が実現できるのです。FX自体は、新しい金融商品ですが、投資家として成功していくためには、先人の知恵をFXに活かすことが、とても大事なのです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る