HOME > FXについて > キャリートレードとは

キャリートレードとは

キャリートレードは「低金利通貨を売って、高金利通貨を買う」というトレード方法です。こうすることで、FXでは金利差分をスワップとして、確実に受け取ることが出来ます。日本のFX投資家にはキャリートレードが大人気でした。というのは日本の政策金利は低かったからです。特に2007年ごろまでは、キャリートレードを行っている人が多く「外貨建て預金よりたくさんのスワップが受け取れる」ということで、人気が人気を呼ぶ状態になっていました。ただし、キャリートレードにもリスクはあります。どの国の政策金利も「いつも一定」ではありません。その国の情勢が変われば 金利も変更されます。 そのため、キャリートレードを行うのなら、その国の情勢には目を配る必要があります。もしも政策金利が引き下げられる事態が起こったなら、「それはなぜなのか?」を分析して、ポジションの保有を続ける・決済をする、などの決断をする必要があります。また、為替変動リスクはキャリートレードの場合も受けますので、相場の値動きには注意が必要です。為替相場が円高傾向のときは、円を売って外貨を買うことができない場合もあります。普段から頻繁に売買を行っていない人は「決済する」ことを先延ばしにしがちですので、注意しましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る