HOME > FXについて > 初心者向けの取引数量・開始資金は?

初心者向けの取引数量・開始資金は?

FXでは1万通貨単位で取引をすることが基本です(最近は、1000通貨といった単位で取引ができる業者もあります)。手数料やスワップなども、1万通貨単位でされているので、FX初心者は1万通貨単位での取引を基本的に考えると良いでしょう。また、FXは「少額の元手で始められる取引」と言われていますが、少額すぎる元手で取引しようとすると、高いレバレッジをかける必要が出てきます。米ドル1万通貨取引しようと思えば、日本円でおよそ100万円が必要となります。1万円しか証拠金がなければ、100倍のレバレッジをかける必要が出てきます。20万円の証拠金があるなら、5倍のレバレッジをかけることになります。初心者はレバレッジを5倍まで、できれば2、3倍で運用することが推奨されますので、投資用の資金をそれなりに用意できたほうがいい、ということがわかります。もちろん、米ドル以外の通貨には、もっと安価に買えるものもあります、しかし、安価で買える通貨は、初心者にはリスクが高く、流動性リスクも高いものが多いので、注意が必要です。具体的に「いくら、何円」を用意すれば、FXで成功できるとはいえませんし、実際、投資家の中にも様々な額の準備資金で始めた人がいます。ただ「少額過ぎる資金で、高いレバレッジをかけて運用するのは、リスクが高い」ということを押さえておきましょう。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る