HOME > FXについて > FXとアメリカの経済指標の関係

FXとアメリカの経済指標の関係

FX投資家は、アメリカの経済指標の発表を重要視します。今でも世界は「アメリカ中心」に動いていますし、FXの市場も「ドル」中心に動いているからです。一般的なニュース、情報番組などを見るだけでおも、アメリカで起きた出来事や政策が、 為替相場に影響を与えているのがわかります。FXの相場に与える影響が大きいのは、FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利です。FOMCは、年に8回(基本的に6週間毎の火曜日)開催されます。政策金利の引き下げが行われると、ドル安に動きます。また、政策金利の発表の後にはFRB議長が「アメリカの今後の狙い」について発表をします。政策的に「ドル高、ドル安のどちらにしていこうと思っているのか?」がFRB議長の発言には現れますので、その内容に注意しておく必要があります。また、毎月第一金曜日に前月の雇用統計が発表されますし、その前に行われる予想も注意をしておく必要があります。予想に対して結果が著しく悪いと、相場は敏感に反応します。雇用統計でついつい目が行ってしまいがちなのは「失業率」なのですが、FXの世界では「非農業部門雇用者数」に注目し、非農業部門雇用者数が減っていると、景気が悪いと判断する人が多いです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る