HOME > FXについて > FXと「2wayプライス」

「2wayプライス」を表示しているFX会社を選ぶ

FX会社によって、レートの表示方法が若干異なります。「現在の相場は、1ドル110円20銭〜110円25銭です」と新聞、ニュースなどで報道されるのを見たことがあるでしょう。これは、1ドルを110円20銭で売ることが出来て、 110円25銭で買うことが出来ます。「〜」という記号が使われているため「今の円相場(米ドルと日本円)が110円20銭〜110円25銭の間で、行ったり来たりしている」という意味に受け取っている人がいますが、そうではありません。このように「売値と買値を同時に表示する方法」を、「2wayプライス」と呼びます。「2wayプライス」表示を行うことで、FX会社の不正が行われにくくなります。売値だけが表示されていた場合には、買値がわかりません。悪質なFX会社の中には「買値を吊り上げて、投資家から利益を奪おう」とするケースもあるかもしれません。このような会社を選んでしまわないためにも、「2wayプライス」を表示しているFX会社を選ぶと良いでしょう。また、為替レートはFX会社ごとに微妙に異なります。FXは「相対取引」なので、最終的なレートの決定は、FX会社にゆだねられており、「決まったレートの範囲内で、各FX会社がレートを決めていい」ことになっているため、FX会社によって、レートが異なるのです。

>> FXとは?一覧に戻る
>> トップページに戻る